気合い。

6/24カリテ。
理科>社会>算数=国語の順です。
得点率8割〜6割の間。
理科は基礎クラスの平均44点に救われ。
決してピッチがいいわけではないんだけど…
でも評価はいつもより良かったのでモチベアップのために褒めておきました。

算数、国語の共通6割強ってあたり。
昨年のピッチから考えれば検討はしてるんだけど。
本人いわく「惜しいミス」多発。
惜しいミス…これが力であってケアレスミスではないけど
あと一歩、答案を作ることができれば絶望的ってわけでもない回答も多い(だんだん
母の願望、妄想が入ってきた)

しかしこれじゃあ秋からの本格的な算数の嵐、
内容も深く、長文なのに抽象的な表現も多くなる国語読解には太刀打ち出来ない。
現実から目をそらしちゃダメだわ。

上の子の頃の経験から。まわりの受験終了ママの体験談からも
勝負は5年の夏。
ここであがらないともうあがらない…わけではないけど
いちばんあげやすいのがこの時期のはず。
この夏はピッチと共に頑張りたいと思う。
夏は野球の試合も減るし、熱中症対策で練習も午前中だけになるし。

ただ私だけが鼻息荒くなりそうなので
きちきちのスケジュールを書いてピッチを追い詰めないように
自分で考えさせて、やり遂げたら褒めるとか作戦と
歴史や語彙を増やすためには、おもしろ本や漫画を使って
さりげなく勉強できるようにフォローするってことを徹底しよう。

平凡だけど、親子でコツコツ。が大事。
大切に40日を使おう。
…と自分のためにここに書いておきます。





[PR]
# by magazinewriter | 2017-06-27 07:11 | Comments(2)

最近

5年の秋以降はキツイ。
それはお兄ちゃんの時の経験で知っている。

でもこの5年の梅雨頃。
学校行事がたくさんあり、高学年らしいイベントがたくさん増えてきて
この地域の子はミニ合奏会の練習もあって
地味にカリテ公開カリテ…ってテストがたくさんあるこの時期もけっこうツライ…。

万年基礎クラスのピッチのレベルだと
1.休まずNへ行けて
2.眠らずに授業を受けて(寝てるかもだけど 笑)
3.栄冠2ページ取り組んで…

ということだけでも、エライかも。と感じてしまう。
なんというか、上位のお子さんとは最初から母の精神的なところが違う感じ。

テストが悪くても怒りや失望はもはやなく、
ああ、やっぱりね…と諦めのような感情でいっぱいになります。

そんな下から目線な自分からみると
最近のピッチは少し上向きです。

6月10日のカリテ…理科、社会8割、算数=国語6割

理社で稼いでるのはどうかなあ…とは思うのだけど。
ただ限られた時間でよく頑張ったと思う。

先週末ははじめてスポーツを休んでしまった。
ピッチはピッチャーなので、休むと迷惑がかかると思っていたけど
最近、新エース!という感じのコントロールのいい新部員が入部してきた。

受験なければ「お前にピッチャーは渡さないぜ(炎)」なんてなるのかもだけど
今はそちらに全力投球も出来ないことをピッチも知ってる。
というか、そう思わせてる。私が。

苦しいところだけど、焦る気持ちもあるけれど
両立させるならポジション争いに焦点をあてるのではなく
チームプレイがうまくいくようにどこのポジションも出来て
限られた時間でも集中してチームプレイに貢献できる選手にならなくては。

…なんて理想はいくらでも語れるけどねえ。

ツライところだなあ…。
 

 









[PR]
# by magazinewriter | 2017-06-13 14:22 | 毎日の生活 | Comments(2)

4月29日の公開模試は50ちょいでした。

正直、ピッチとしてはまずまずです。

残念なのは何もいいものがないことですが
ただ同時に、すべての科目で
基礎はめちゃめちゃに取りこぼしているわけではないっ…てことにもなる。
基礎の考え方にもよりますが。

引き上げた科目もなければ、撃沈もなし(当社比)

受験本や、専門家の分析によると、偏差値50というのは
基礎のみを理解していれば、到達する成績で、

偏差値55は、基礎をちゃんと理解・咀嚼した上で
そのまま力を出すことができれば(ケアレスミスなしで)取れる成績とか。

ピッチはちょうどその真ん中くらい。
基礎はわかったつもりになっている。
答案を前にすると、うっかりしたり、時間が足りない。
国語社会は特に時間が足りなくなるので、素早く処理できるようにならなくては。

算数はいまだに写し間違いをするのですが、これも実力のうちというか
余裕がないから、書き間違えているんだと思う。
ケアレスミスだからといって、惜しいってわけでもない感じ。
補充、補充、また補充で定着させる方法しか思いつかないんだけれど。

席は2列目の最後の方でした。

ピッチのGWはチームスポーツの試合三昧で、朝6時から17時まで、一日も休みなしでした。

正答率30%以上の問題を解き直していたけれど、
最後のほうでは首がグラグラしてきて、居眠りしそうだったので
呆れるとか怒るっていう前に、気の毒になってしまったわ…。

学校が始まってからのほうが少し睡眠が取れるかも。
元気を出して、また進もう。(母はカラ元気…汗)



[PR]
# by magazinewriter | 2017-05-10 18:02 | テスト | Comments(0)

4月8日公開模試結果。

…絶句。
世界一悪いな。これは。

撃沈というコトバはある程度できるお子さんが
失敗した時に使う表現な気もしてくるほど。

少なくとも検索してはついこっそり読ませていただいているNのブロガーさんたちの
お子さんの中ではぶっちぎりの悪さ。

算数…微妙 通常運転とも言える。
国語…半分白紙なのに埋めたところもほぼ☓状態。
  (何回か前のカリテで、クラスで単科TOP5に入ったとは思えない。
   あの時は力がついたのかとお踊りしたけど、たぶんあっちが偶然だわ)
社会…一般常識がないということ明確に。
理科…唯一の偏差値アップ役。しかし微力で引き上げられない。
   理解はしているようだけど、後半ミス多し。

いちばん悲しいのは本人が怠けていたわけじゃないってこと。
怠けていた場合「やればできる」って思えるし、実際そうかも。
今回、模試の前にテキストを数回回したし、
理社は一生懸命、いろんな復習をしていたけど(4年のテキストの赤線を読んだり)
対策する方向がななめだった&理解力が欠けている。あるいはその両方か。

結果をみたピッチは重く暗〜いため息をつき、目に涙を浮かべるものだから
私も叱る気にならないし、落ち込んだ様子をいつまでも見せられず、励まし係になるしかない。

ツライ…。

もう少し介入するか。

立ち上がれ、ピッチ! …と私!







[PR]
# by magazinewriter | 2017-04-12 11:56 | テスト | Comments(2)

クリック!

ブロ友さんのところに
「結果まだで気になります」なんて書いてたらその後、すぐ結果出ました。

そんなによい結果でもないのに、成績が気になり、
結果が出る日の夕方はマイニチのタブを鬼クリックしてしまう自分。

「my nichinoken」タブにクリック広告でも仕掛けてあったら、
たくさん数を稼げそう…とかくだらないことを考えてしまう…。
愚かです😔

結果は…ピッチにしては、まあまあでした。
共通評価では社会8割強(漢字ミスにより自己採点よりマイナス(;_;))よりも
悪いと思っていた6割国語のほうがいいという…。苦笑。
やはり時間切れでした。

あとは算数…。たらればですが、転記ミスなどなどで4問失点。
これがなければと毎回思うのですが、これも含めピッチの慌ただしい性格=実力のうち。
矯正を促しつつも、このミスぶくみで対策したほうがいいかもしれません。




[PR]
# by magazinewriter | 2017-04-05 21:20 | テスト | Comments(0)